「就活オワタ」と嘆く君へ。就活失敗パターンからの挽回戦略とは?

 

「やばい・・・このままだと就活失敗かも」

そんな不安を抱えてこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

 

ESが通らなかったり、メールボックスにお祈りメールが届き、

どんどん受験する持ち駒企業がなくなってくると、

「失敗するかも・・・」と不安になりますよね。

 

ショッキングな事実かもしれませんが、

就活は「失敗するかも」と思ったときには、

すでに取り返しがつかないほど失敗していることがあります。

 

でも、そんなあなたでも大丈夫!挽回のチャンスは残されています!

 

この記事では、あなたが失敗パターンに当てはまっていないか診断し、

失敗パターンからどのように挽回すればいいかお伝えします。

 

内定ゼロで就活が終わってしまわないように、

この記事を読み込んで、挽回していきましょう!

 

あなたが就活に失敗した3つの理由

 

就活では知らず知らずのうちに失敗パターンに陥っていることも。

以下の3つに挙げるのがよくある就活の失敗フラグです。

 

①PRが定まらない

②いつまでたっても選考後半に進めない

③選考後半に進んだ業界がバラバラ

 

あなたはこの3つの失敗理由に当てはまっていませんか?

順番にどういう内容か見ていきましょう。

 

①PRが定まらない

 

あなたは面接のたびに話すPRを変えていませんか?

 

PRを面接のたびに変えてしまうと、

面接の場数を踏むことで培われる質疑応答の経験が養われず、

いつまでたっても面接を突破するPRが完成しません。

 

面接で落ちてしまったのは話した題材が良くなかったわけでなく、

面接の質疑応答での答え方が良くなかったことが理由です。

 

「面接官の反応があまり良くなかった」

「とあるPRで話した選考に落ちてしまった」

といった理由で面接で使うPRを変更するのは辞めたほうが良いでしょう。

 

②選考前半で落ちる

 

いつも一次面接や二次面接で選考に落ちていませんか?

 

選考前半で落ち続けてしまうと、

より一層質問が厳しくなる選考後半の経験が積めず、

運よく選考後半までたどり着いた選考でもあっさり落ちる可能性があります。

 

選考前半で落ちてしまうのは、

自己PRや志望動機で基本的なミスをしてしまっているからです。

 

「自己PRや志望動機の作り方にまだ迷いがある・・・」

という場合は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

これが内定レベルの自己PRだ!7つの要素を用いた内定レベルの自己PR4選

2018.05.24

 

③選考後半に残った企業の業界がバラバラ

 

選考後半に残った企業の業界がバラバラになっていませんか?

 

選考後半では、志望動機に関する深堀の質問が多くなります。

「他業界と比べてなぜうちの業界か」

「うちの業界の中でも、なぜうちの企業なのか」

「他の業界、企業はどこを受験しているのか」

といった、業界や企業を比較した回答が求められる質問です。

 

これらの質問に答えるにあたって、

選考後半に進んだ企業の業界がバラバラであると、

持ち駒企業に一貫性がないため、説得力のある回答を返すことが難しくなります。

 

選考後半に進んだ企業の業界がバラバラになってしまった場合は、

同じ業界に所属する企業に追加でエントリーするようにしましょう。

 

そんなあなたでも逆転内定を果たすには

 

 

「ああ・・・就活に失敗したらもう人生終わりだ・・・」

と落ち込むのはまだ早いです。

これまでの就活でうまくいかなかったあなたでも、

逆転内定を勝ち取る道はまだ残されています。

 

残されたわずかな企業の持ち駒から内定を果たすには、

スケジュールがタイトな中、逆転のための行動をとらなければなりません。

以下の3つの行動をとり、逆転内定に向けて動き出しましょう。

 

①現在のレベルを客観的に評価せよ

②自己PRや志望動機の話のつながりを確認せよ

③模擬面接で話しぶりの悪い癖をつぶせ

 

では、さっそく見ていきましょう!

 

①20のチェックリストの答えを用意せよ

 

企業から内定を取るためには、

事前に想定される質問には答えられるように準備する必要があります。

 

以下に、20の頻出質問をまとめました。

これらの質問の答えは最低限準備したうえで面接に臨みましょう。

 

<頻出質問20のチェックリスト>

  • 1つ目の自己PRを400文字程度で書いてください。
  • 2つ目の自己PRを400文字程度で書いてください。
  • 3つ目の自己PRを400文字程度で書いてください。
  • 学生時代頑張ったことを400文字程度で書いてください。
  • 学生時代最も苦労した経験を400文字程度で書いてください。
  • なぜ最も苦労した経験を始めたか200文字程度で書いてください。
  • どういった点で苦労したのか200文字程度で書いてください。
  • もう一度経験をやり直すとしたらどう行動するか200文字程度で書いてください。
  • あなたという人間を一言で表して書いてください。
  • 受験予定の企業の志望動機を400文字程度で書いてください。
  • あなたの長所と短所を400文字程度で書いてください。
  • 短所を克服するための工夫を200文字程度で書いてください。
  • あなたが他の候補者よりも際立って優れている点を200文字程度で書いてください。
  • 他の業界ではなく、受験予定の業界を選ぶ理由を400文字程度で書いてください。
  • 業界内の他の企業でなく、受験予定の企業を選ぶ理由を400文字程度で書いてください。
  • あなたが受験予定の企業でやってみたい仕事とその理由を400文字程度で書いてください。
  • 5年後・10年後のキャリアプランを400文字程度で書いてください。
  • 将来にわたってどんなことを成し遂げたいか400文字程度で書いてください。
  • 企業を選ぶ軸を400文字程度で書いてください。
  • 受験予定の企業の改善点を400文字程度で書いてください。

 

上記の20個の回答が作成できれば、

その回答を何も見なくても話せるレベルにまで練習する必要があります。

 

回答が作成できれば、友達や先輩相手に模擬面接を行い、

話を聞いてもらったうえで追加の質問を考えてもらいましょう。

 

②直近3回の面接で問われた質問を洗い出せ

 

面接官の質疑応答に耐えられるPRを作るためには、

直近3回の面接で質問された内容を洗い出し、説得力のある回答を書き出すことが重要です。

 

問われた質問を思い出せる限り洗い出し、

その質問についてどんな回答をするべきか書き出しましょう。

 

また、面接で問われた質問だけでなく、

作成した回答への追加質問を自分なりに考えて、

さらに回答を作る作業を積み重ねれば理想的です。

 

質問に対する答えのつながりを確認し、

面接の場で問われても回答できる状態にすることで、

面接での質疑応答に耐えられるPRを作ることができます。

 

③模擬面接で話しぶりの悪い癖をつぶせ

 

模擬面接を行って、あなたの話しぶりに悪い癖はないかどうか確認しましょう。

模擬面接とは、友達や先輩相手に面接を行い、フィードバックをもらって改善を繰り返す対策のことです。

 

模擬面接を行う理由は、質疑応答の回答が論理的だったとしても、

話しぶりに悪い癖があることで落とされることがあるからです。

 

悪い癖は、声が小さい、目線が泳ぐ、髪の毛を常に触る、落ち着きがない、など。

普段の生活では癖が出ていなくても、面接の場で癖が出ることがあるので要注意です。

 

模擬面接を行って悪い癖が出ないように修正していくことで、

話しぶりの悪い癖が本番の面接で出ないようにすることができます。

 

模擬面接相手は、就活をすでに終えている先輩であったり、

同じように就活を続けている友人に頼んでみましょう。

 

持ち駒0からのエントリー先

 

 

逆転内定を果たそうと思っても、

「持ち駒を全部使いきってしまった・・・」

「もうちょっと持ち駒があれば安心なのにな・・・」

ということもあります。

 

就活がある程度進んでしまった後でもエントリーできる企業があるので、

最後まであきらめずエントリーしてみましょう。

 

持ち駒を使い切った後でも受験できるのは以下の企業です。

①大手企業の二次募集

②大手企業のグループ子会社

③中小企業

 

どういった企業か、それぞれ見ていきましょう!

 

①大手企業の二次募集

 

二次募集とは、本選考の一連の採用が終わった後に追加で募集される枠のことです。

時期としては6月下旬から7月上旬にかけて募集の情報が流れます。

 

採用を行う企業側は、学生に辞退されることを見込んだうえで内定を出すため、

実際の定員よりも多くの内定を出す傾向にあります。

 

ですが、予想以上に内定を辞退されてしまった場合、

追加で人員を確保するために、二次募集をかけるのです。

 

一度選考に落ちてしまった後も、同じ企業の二次募集に応募することもできます。

 

二次募集の情報は、採用ホームページに掲載されたり、

メールで配信されることが多いため、情報を必ずチェックするようにしましょう。

 

②大手企業のグループ子会社

 

大手企業の関連グループ会社・関連子会社は、

親企業の採用が終わってから採用の募集を行う傾向にあります。

時期としては6月中旬から下旬にかけて募集が行われます。

 

ネームバリューや給料は親企業には劣るものの、

親企業と同様の手厚い福利厚生が用意されていたり

親会社の関連事業を担当できる可能性があるため、

魅力的なエントリー先の一つです。

 

さらには、子会社から親会社への配置換えの可能性もあるため、

落ちてしまった親会社に、入社後に入ることができるケースも。

 

親会社の採用Webサイトに関連子会社の採用情報が掲載されるケースが多いため、

行きたかった企業の関連子会社が募集を行っていないかチェックしましょう。

 

③中小企業

 

続いて募集がかかるのが中小企業です。

時期としては6月中旬から7月上旬にかけて募集情報が流れますが、

大企業と同じ時期に採用を行っている企業もあります。

 

中小企業はネームバリューや給料は大企業に劣るかもしれませんが、

社員数が少ない分、若手のうちから大きな仕事に携わることができます。

 

入社後に専門性を身に着けていきたいと考える人にとっては、

中小企業は理想的な職場の1つと言えます。

 

ネームバリューにだけ流されることなく、

中小企業の採用情報も合わせてチェックするようにしましょう。

 

6月下旬~7月上旬に中小企業の合同企業説明会が実施されるため、

そうした場に足を運んで採用情報を確認しましょう。

 

今年がダメでも次がある!再チャレンジの選択肢

 

 

万全に対策を行っていたつもりでも、

思うように内定が取れず、失敗に終わってしまうこともあります。

 

就活で失敗してしまったら、以下のような選択肢があります。

一度の失敗で人生ゲームオーバーというわけではないので、

気持ちを切り替えて次に向かうことも大事です。

 

①就活留年

②大学院進学

③海外留学

④卒業後に既卒で就活

 

では、それぞれの選択肢をさっそく見ていきましょう。

 

①就活留年

 

大学生活を1年間延長し、就活のために留年するのがこのケースです。

就活留年は1年間の時間を就活のために十分確保することができます。

 

筆者自身、就活留年を経験しましたが、

選考対策のための時間、インターンに参加する時間が確保でき、

サマーインターンは10社参加することができ、結果的に内定を5社もらうことができました。

 

一方、デメリットは就活留年した理由について納得できる回答を検討しなければなりません。

就活留年をマイナスにとらえる業界においては、面接官が質問してくるため、

なぜ就活留年を決断したのか論理的な回答を準備しなければなりません。

 

就活留年から逆転内定を果たすための戦略や対策は、

こちらの記事でも紹介しているので合わせて読んでみてくださいね。

内定0社から人気企業5社に内定!就活留年の実体験と逆転内定を果たす4つの戦略

2018.06.18

 

②大学院進学

 

大学院に進学し、再度受験のチャンスを得るパターンです。

 

大学院に進学するメリットはキャリアアップにつながることです。

多くの日系企業は大学院卒になれば初任給はあがりますし、

学部時代から大学院時代にかけて、より高い学歴の大学院に入ることもできます。

 

また、学部時代の就活の失敗を無かったことにできるのも大きなメリットです。

大学院までストレートで進学すれば、キャリアは傷つきません。

 

一方で、大学院に進むデメリットとしては、

2年分の学費がかかることと、大学院の研究を行う必要があることです。

 

大学院の研究を好きになれればいいですが、

研究や学業を苦痛に思うのであれば、

就活をやり直すために大学院に進学するのはお勧めしません。

 

また、進学先の研究室によっては、

多忙のために就活のための時間を十分に確保できない可能性もあります。

 

研究室によって忙しさは異なるため、進学前に十分に確認するようにしましょう。

 

③海外留学

 

海外留学により、スキルアップと再度受験のチャンスを得るのがこのパターンです。

 

海外留学のメリットは何といっても語学力を伸ばせることです。

1年目の就活の際に語学力をアピール材料にしていなかったとしても、

長期の留学を経験することで、十分アピール材料にすることができます。

 

また、就活の失敗を無かったことにできるのもメリットです。

海外留学生は長期留学の場合、1年間の休学を行うことが多く、

面接担当側も「1留は当たり前」ととらえる傾向にあるためです。

 

一方、デメリットは他のアクションに比べて、

非常に大きなコストがかかってしまうことです。

大学の奨学金を利用するなどして、コストを抑えるようにしましょう。

 

④卒業後に既卒で就活

 

取りうる選択肢ではありますが、最もオススメしません。

 

理由としては、

①仕事を得るうえで最も有利な新卒の肩書がなくなる

②卒業後に仕事のアテがない状態で様々な支払いが発生する

のが、この選択肢をお勧めしない理由です。

 

実は、大学在籍中の新卒就活が、

これからのキャリア上、最も仕事を得やすい有利なチャンスです。

 

というのも、新卒就活は過去の経験を加味せず、

あなたのポテンシャルだけで採用を決めてくれる形だからです。

 

これが既卒、転職の採用となると、

これまでの過去の経験を直接評価されるため、

就職できる仕事の幅が一気に狭まるからです。

 

また、卒業後は様々な支払いが発生します。

これまで年金も、社会保険料も払っていませんでしたが、

卒業すると、支払いの義務が発生します。

 

また、在学中に奨学金を受け取っていたのであれば、

卒業後から返済を行わなければいけません。

 

生きていくためのお金を稼ぐためにフリーターとして仕事する傍ら、

仕事を求めて既卒で就活をすることになります。

 

上記の理由により、卒業して既卒で就活をする選択肢はかなり厳しい戦いです。

就活で失敗してそのまま卒業するのは、

キャリア的にも金銭的にも厳しくなるのでお勧めしません。

 

就活で失敗してしまったら、そのまま大学を卒業せず、

他の再チャレンジのためのアクションを取ることをお勧めします。

 

まとめ

 

この記事では、あなたの就活が失敗パターンに陥っていないかどうかの確認と、

失敗パターンに陥っていた場合、いかに逆転するかをお伝えしました。

 

なかなか内定が取れずもどかしく感じるかもしれませんが、

あきらめずに最後まで就活を頑張りましょう!







倍率1000倍超の外資コンサルに内定し、672人を第一志望に内定させた計68分の時短就活法を無料プレゼント

 

僕が就活留年のハンデを乗り越え、倍率1000倍超の外資コンサル他人気企業4社に内定し、
672人の後輩たちを第一志望の企業に内定させた時短就活法を期間限定で今だけ無料プレゼントしています。

時短就活法を使えば、1日1時間の対策を3ヶ月行うだけで倍率数千倍の超人気企業に内定することができます。

あなたが手に入れられる無料プレゼントで話していることは・・・

・超人気企業に内定した先輩たちに共通する、ある戦略とは?

・自己分析は絶対自分でしてはいけない!その理由とは?

・自己分析に300時間も時間をかけたのに、27時間しか対策していない就活生に負ける理由

・対策時間を最小化し、内定を取るためには○○が必要だった!

・コピー&ペーストだけでESを書き上げるES高速執筆術

・選考40社落ちのSさんが対策開始1ヶ月で第一志望企業に逆転内定した話

 

など、あなたが就活で成功するために不可欠の情報を伝えています。

メールアドレスを入力するだけなので、今すぐ無料プレゼントを手に入れてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

城戸恭平

倍率1000倍超の外資コンサルや人気企業4社に内定した元就活留年生。京都大学教育学部卒。自身の就活が終わった後、後輩たちに就活指導を行い、672人を第一志望に導いた。新卒入社した外資コンサルでは新卒採用担当を経験し、200人以上の学生と会う。現在は関西を中心に就活支援を行っている。バスケットボールと猫が好き。