第4章:後輩を就活支援したら新卒3年目で年収1300万円プレイヤーに

来る日も来る日も面接で就活ノウハウを試しては、面接を突破して内定を獲得する就活マシーンになっていた僕。

 

5社から内定をもらったある日、僕は同じように就活をしている後輩に出会いました。

その日から、僕は自分の就活でなく、誰かの就活をサポートすることにのめりこんでいったのです。

 

指導した学生の中には新卒3年目で年収1300万円を稼ぐ猛者も現れました。

第4章は、就活支援に奮闘した日々の物語です。

 

その気持ちわかる!同じように就活で苦しむ後輩に出会う

PwCに内定してからというもの、満足せず就活マシーンと化していた僕は、企業の選考を受ける前にたまたま大学で後輩と出会いました。

 

城戸
あれ!久しぶりやん!
後輩
城戸さんこそお久しぶりです!内定取ったって聞きましたけど、スーツ着てるってことは就活ですか?
城戸
まあ、なんかずるずる続けてて。Sさんこそ今年就活やんね?
後輩
そうなんですよ!それが全然面接通らなくて。今までの自分を否定されている気分で嫌になっちゃいます。
城戸
めっちゃわかるわ、その気持ち!ほんまに辛いよね・・・
後輩
城戸さん、PwCに内定したんですよね?どうやって内定を取ったのか、私に就活を教えてくれませんか?
城戸
もちろんええよ!それじゃ、3日後に大学で話そっか。

 

とんとん拍子で後輩に就活を教えることが決まり、後輩にどんな進め方で就活を行っているか話を聞きました。

すると、開口一番、後輩はこんな言葉を口にしたのです。

 

後輩
ナビサイトのアドバイス通りに対策してるんですけど、面接で全然通用しないんです。
城戸
(1年目の俺と同じことやってるやないかーい!!)

 

後輩は完全に1年目の僕と同じ道をたどろうとしていました。

もうちょっと細かく具体的にどんなことをやっているか、話を聞いてみると、

 

後輩
自分史を作って、自己PRを作ろうとしたんですけど、やり方が良くわからなくて。

 

・・・完全に僕のコピーができあがっていました。

ナビサイト恐るべし。

 

城戸
ちょっと待って!そのまま続けると絶対失敗するから違うやり方にした方がいいよ!
後輩
そうなんですか?ナビサイトが言うことであれば間違いないと思ったんですけど・・・
城戸
それで失敗した人が目の前にいるよ。笑 やり方教えるから、一緒に対策しよう。
後輩
わかりました!なんだかよくわからないですけど、お願いします!

 

それからというもの、後輩に就活を教える日々が始まりました。

 

2年目の就活で僕が行ったように、まずは自己PRのテンプレートを使って簡単な自己PRを作ってもらいました。

自己PRができたあと、僕が面接官役として面接練習を行ってPRをブラッシュアップしていきました。

何度も何度も模擬面接を行うことで、後輩がどんな質問にも答えられるように訓練していったのです。

 

今までと異なるやり方だったので、最初は後輩も戸惑っていました。

 

後輩
そんなやり方、ナビサイトに載ってなかったですけど大丈夫ですか?
城戸
これで面接通ってきたから問題ないよ。
後輩
え、、、でもなんか不安に思っちゃうんですけど・・・
城戸
ナビサイトに従って失敗するか、このやり方で内定取るかどっちがいい?
後輩
それって究極の二択過ぎませんか・・・内定取りたいので、続き教えて下さい!

こんな感じの問答が良く起こっていました。笑

 

最初は気軽に始まった就活の支援でしたが、

後輩
面接でもっと通用するPRを教えてください!

と迫る後輩の熱意におされ、僕も次第に本気で就活支援にのめりこむようになっていきました。

 

昼夜問わず就活支援を続ける毎日。ついに後輩にも内定が!

僕と後輩の就活支援の日々は、昼夜問わず続きました。

大学の食堂にお昼ごろ集まって、

城戸
それじゃ、面接を始めます。最初に自己PRを教えてください。
後輩
はい、私の強みは・・・

と、こんな感じで面接練習が始まるのです。

周りから見たら異様な光景だったはず。笑

 

後輩のESが通って面接の日程が決まれば、

後輩
次の面接日程決まりました!明後日です!
城戸
今日と明日しか対策する時間ないやん!笑 そしたら今から大学に来て!(夜11:00ごろ)

なんてこともしょっちゅうでした。

 

毎日毎日、僕と後輩の二人三脚の就活支援は続いたのです。

そんな日々が続いたある日、後輩から一本の電話がありました。

 

後輩
城戸さん!ついに内定が出ました!ずっと行きたかった住友商事です!
城戸
おおお!!マジか!本当におめでとう、よく頑張ったね!!

 

ついに後輩が第一志望企業の内定を掴んだのでした。

後輩の内定を、自分のことのように喜んだのを今でもよく覚えています。

 

就活支援団体を立ち上げ500人以上の学生をサポート

それからというもの、僕は就活支援にのめりこんでいきました。

僕自身の就活留年の経験や、後輩の指導を通じて、

「僕のように就活で苦しむ人を一人でも少なくしたい」

「就活をサポートすることで誰かが夢を叶えることを手伝いたい」

といった思いが生まれたからです。

 

僕一人の力だけだと指導できる範囲も限界があると感じたため、就活支援団体を新たに立ち上げ、京都大学の学生向けの支援を始めました。

これが実際にセミナーを行った写真です。

僕は就活支援団体の仲間たちとともに、僕の編み出した就活ノウハウ「フレームワーク時短就活法」を教えていきました。

就活支援団体を運営していた1年間で延べ500名の学生たちを指導していましたが、教え子たちも順調に内定を勝ち取り、以下の企業に内定していったのです。

後輩たちが希望する進路の実現をサポートできたのは、僕にとってやりがいのある日々でした。

 

新卒3年目で年収1300万円を稼ぐ猛者が出た

教え子たちの中には、周りよりもずば抜けた成果を出す人も現れました。

それが外資系投資銀行に内定していったH君です。

外資系投資銀行は、サラリーマンとしてもらえる給料としては最高クラスの業界として知られ、新卒1年目であってもボーナスを含めれば800万円~1000万円を稼ぐことができます。

その高い給料とネームバリューに惹かれ、東大・京大のトップ層がこぞって受験するので、競争倍率が非常に高い業界です。

 

H君は関西の私立大学の出身のため、学歴にハンデがあったのですが、フレームワーク時短就活法を活用することで、ライバルたちを差し置いて内定を勝ち取りました。

 

彼は1年目から優秀な成績をたたき出し、新卒入社にして900万円の年収を稼ぎました。

外部にもH君の評判が伝わったらしく、ヘッドハンティングを受けてPEファンドに転職。

PEファンドに転職したことでさらに給料は上がり、社会人3年目にして年収1300万円を稼ぐ猛者に!

 

この写真はH君の自宅から撮影した写真です。

H君は今では都内のタワーマンションの45階の住人になってしまいました。笑

H君は就活をきっかけに年収1300万円プレイヤーへの仲間入りを果たすことができたのです。

 

就活は人生逆転のチャンス

このチャンスはH君だけに訪れるものなのか?

いえ、そうではありません。

 

就活は誰もが通る道ですからあなたにもチャンスは開かれています。

ただ、そんなチャンスがあると自覚して就活をしている学生はほとんどいません。

誰もが何となくで就活を始め、何となくで自分の志望業界を見極めて面接を受験していくのです。

就活は今後の人生40年間を左右するという重要な事実を知らないまま!

 

ここに、就活のポテンシャルを示す面白いデータがあります。

あなたは平均年収と生涯年収のことを知っていますか?

 

日本のサラリーマンの平均年収は600万円、生涯年収は2.7億円程度です。

つまり、日本のサラリーマンは40年間働いて、合計2.7億円稼ぐということです。

 

一方、H君の年収は1300万円、生涯年収は9.2億円です。

40年間の社会人人生を終えたとき、日本の平均的なサラリーマンよりも6.5億円を多く稼ぐ計算になります。

 

言うまでもなく、大きな金額の差です。

改めて言いますが就活は誰にでも訪れるチャンスです。

 

就活が生み出すポテンシャルを意識して行動するか、行動しないかによって、生涯年収にして6.5億円の差が生まれてしまうのです。

 

あなたはこの人生逆転のチャンスをどう使いますか?

ちなみに僕でしたら、就活のポテンシャルを意識して動きますね。笑

あなたもきっとそうですよね!

 

500人以上の学生を内定に導き、十分に思いを遂げられたと思った僕は、内定先の外資コンサルPwCに新卒で入社します。

入社後に新卒採用を担当した僕は、面接に通る学生と落ちる学生の差を知り、驚くことになるのでした。

第5章:新卒採用担当で知った面接に落ちる学生と、通る学生の差 に続く。

第5章:新卒採用担当で知った面接に落ちる学生と、通る学生の差

2018.07.12






倍率1000倍超の外資コンサルに内定し、672人を第一志望に内定させた計68分の時短就活法を無料プレゼント

 

僕が就活留年のハンデを乗り越え、倍率1000倍超の外資コンサル他人気企業4社に内定し、
672人の後輩たちを第一志望の企業に内定させた時短就活法を期間限定で今だけ無料プレゼントしています。

時短就活法を使えば、1日1時間の対策を3ヶ月行うだけで倍率数千倍の超人気企業に内定することができます。

あなたが手に入れられる無料プレゼントで話していることは・・・

・超人気企業に内定した先輩たちに共通する、ある戦略とは?

・自己分析は絶対自分でしてはいけない!その理由とは?

・自己分析に300時間も時間をかけたのに、27時間しか対策していない就活生に負ける理由

・対策時間を最小化し、内定を取るためには○○が必要だった!

・コピー&ペーストだけでESを書き上げるES高速執筆術

・選考40社落ちのSさんが対策開始1ヶ月で第一志望企業に逆転内定した話

 

など、あなたが就活で成功するために不可欠の情報を伝えています。

メールアドレスを入力するだけなので、今すぐ無料プレゼントを手に入れてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

城戸恭平

倍率1000倍超の外資コンサルや人気企業4社に内定した元就活留年生。京都大学教育学部卒。自身の就活が終わった後、後輩たちに就活指導を行い、672人を第一志望に導いた。新卒入社した外資コンサルでは新卒採用担当を経験し、200人以上の学生と会う。現在は関西を中心に就活支援を行っている。バスケットボールと猫が好き。